避妊について

望まない妊娠を避けるために

望まない妊娠を避けるためにも、避妊には十分気をつけましょう。最も確実な避妊法であるOC(低用量経口避妊薬 いわゆるピル)やIUDをお勧めします。

また避妊に失敗したときなどのためにも、「緊急避妊法・性交後避妊薬(モーニングアフターピル)」についても事前に知っておきましょう。

ひとりで悩まないでお電話ください
022(222)5251

受付時間
  • 9時~13時
  • 15時~18時
休診日
  • 水曜
  • 土曜(午後)
  • 日曜
  • 祝日

経口避妊薬(OC)とは?

OCとは「Oral Contraceptives」の略で、低用量経口避妊薬(低用量ピル)のことです。

ピルには月経周期をコントロールしている女性ホルモンが含まれています。

経口避妊薬は、1960年から女性に使われるようになり、現在では世界中の女性がこの方法で避妊をしています。「ピル」と言われているものがこれです。この避妊方法は全ての避妊方式の中で成功率がもっとも高い方法であり、失敗率はわずか1%です。また、その失敗例というのは、服用を忘れたり、服用法を間違えたりした時です。

成分

経口避妊薬の主要成分は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。

作用

  1. 排卵を抑制する
    OCを飲むと体の中の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が増え、脳は自分の卵巣から女性ホルモンを分泌しなくてよいと判断します。そのため卵巣を刺激するホルモン(FSHとLH)の分泌が少なくなります。FSHとLHが減ると卵巣は休んだ状態になり、卵胞が発育せず排卵がおこらなくなります。
  2. 子宮内膜を変化させる
    受精卵が着床しにくくなります。
  3. 子宮の入り口(子宮頸管)の粘液を変化させる
    精子が子宮内に入りにくくなります。

服用方法

毎日同じ時間(帯)に服用します。

ピルのメリット・デメリット

  • ピルのメリット(副効用)

    • 月経のサイクルが整う。
    • 月経困難症(月経痛など)が改善される。
    • 月経量がすくなくなる。
    • ニキビが改善される。
  • ピルのデメリット

    • 毎日服用しつづける必要がある。
    • 服用を忘れると避妊に失敗する場合がある。
    • 服用で嘔吐・吐き気の症状が出ることがある。
    • 不正出血が起こることがある。
  • 他にもOCには様々な利点が報告されています。

    • 子宮内膜症が改善される。
    • 貧血が改善される。
    • 子宮外妊娠が減る。
    • 機能性卵巣のう胞、良性卵巣腫瘍が減る。
    • 長期服用すると卵巣がん、子宮がん、良性乳房疾患が減る。
    • 骨粗しょう症が減る。
    • 大腸がん、関節リュウマチなどの婦人科以外の疾患も減る。

各種避妊方法と失敗例

各種避妊法使用開始1年間の失敗率(100人の女性が1年間に妊娠する率)

方法 理想的な使用(%)☆ 一般的な使用(%)★
経口避妊薬 0.3 8
薬剤添加UD(子宮内避妊具) 0.1~0.6 0.1~0.8
コンドーム 2 15
ペッサリー 6 16
リズム法(オギノ式など) 1~9 25
殺精子剤のみ(発砲錠、ゼリー☆☆、クリーム☆☆) 18 29
避妊手術 男性 0.5 0.5
女性 0.10 0.15
避妊せず 85 85
☆:
選んだ避妊法を正しく続けて使用しているにもかかわらず妊娠してしまった場合
★:
選んだ避妊法を使用しているにもかかわらず妊娠してしまった場合(経口避妊薬については、飲み忘れを含めた場合の失敗率)
☆☆:
日本では発売されていません。

OCの副作用

副作用のほとんどのものは服用初期にみられるマイナートラブルです。服用開始してから3ヶ月以内に大部分おさまります。まずは3ヶ月間継続してみましょう。

主な副作用(マイナートラブル)

  • 吐き気
  • 胸が張る
  • 頭痛
  • 血栓症(血管内に血のかたまりが詰まる病気です。)
  • 下腹部痛 など

血栓症について

OCを服用している女性では、下肢静脈血栓症、肺血栓塞栓症、まれに頭蓋内静脈洞血栓症、脳梗塞、腸間膜血栓症、網膜血栓症、心筋梗塞などの脳卒中になるリスクが高くなることが指摘されています。

まえぶれとなる症状

ふくらはぎの痛み、むくみ、手足のしびれ、鋭い胸の痛み、突然の息切れ、胸部の押しつぶされるような痛み、激しい頭痛、めまい、失神、視覚・言語障害(目のかすみ、舌のもつれ)

処方について

OCは医師の処方が必要です。

  1. 受付で、OCについての相談に来たことを告げます。

  2. 簡単な問診票に記入

    • 現在の健康状態
      (職場の定期健診や各自治体が行っているがん検診の結果があると参考になります)
  3. 医師の問診・診察

    • 家族の病歴
    • 身長・体重
    • 喫煙の有無
    • 血圧測定 など
  4. 処方

これは当院の基準であり、処方までの手順については各病院・医院によって異なります。

OC(ピル)Q&A

OCの効果はいつからあらわれるの?

OCの種類によって、
1.月経初日から飲み始めるもの

→飲み始めた日から避妊効果があります。

2.月経が始まった最初の日曜日から飲み始めるもの

→1周期目に限ってのみ始めの最初の1週間は他の避妊法(コンドーム等)を併用する必要があります。

☆どちらもOCを続けて服用している限り避妊効果は続きます。

長期に飲み続けても大丈夫?
例えば20歳から40歳まで飲み続けることも可能で、避妊が必要であれば服用期間に制限はありません。服用している間は、定期的に検診を受けることで自分の体の状態を知り、より安心してOCを飲むことができます。
タバコを吸っていたらOCは飲めないの?
タバコを吸っている人がOCを服用すると静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用を起こすリスクを高めることが知られています。このリスクは喫煙本数が多くなればなるほど、また服用者の年齢が高くなればなるほど高くなることが知られていますし、その他さまざまな悪影響があることが知られていますので、できる限り禁煙もしくは喫煙量を減らすように努力しましょう。なお、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人はOCを飲むことができません。
毎日同じ時刻に飲みつづけられるか不安
OCはできるだけ毎日同じ時刻に飲むことが理想ですが、毎日きっちりと同時刻に夕食をとることが少ないように、多少のずれについては問題ありません。既に服用されている方は携帯電話のアラームをセットするなど、毎日必ず行うこと(例えば食事、歯磨き、就寝、など)の前後に習慣にしてしまうなど、飲み忘れないようにいろいろ工夫されているようです。
お酒を飲むことが多いけれど、OCに影響はない?
特に問題はありませんが、お酒の飲みすぎで忘れないようにしてください。また、吐いてしまい、OCの成分が一緒に吐き出されてしまった時は十分な避妊効果を得られなくなる場合がありますので飲みすぎには十分に注意しましょう。
1日でも飲み忘れたら効果はなくなるの?

1回(1日)飲み忘れた場合、飲み忘れに気づいた時点でできるだけ早く、飲み忘れた分を服用し、その日の分も通常通り服用すれば(すなわちその日は2錠服用)避妊効果にほとんど影響はありません。2日以上飲み忘れた場合は、医師に相談しましょう。

1日分(1錠)飲み忘れた場合

気づいた時点で、ただちに飲み忘れた錠剤を服用

その次の錠剤は、通常通り服用します。(翌日に気づいた場合、その日は2錠服用することになります。)

<例>水曜日に飲み忘れ、翌日に気づいた場合

服用 服用 飲み忘れ 服用 服用

気づいた時点で飲み忘れた錠剤を服用。その次の錠剤は通常通り服用

2日分(2錠)以上連続して飲み忘れた場合

そのシートの服用を中止。中止している間は他の避妊方法を行います。

次の月経初日から再び新しいシートの服用を開始します。

友達からもらったOCを飲んでもいいの?
OCにはいくつかの種類があり、服用方法がことなるものもあります。また飲んではいけない人もいるので、きちんと診察を受け、医師に処方してもらったものを指示通り飲むようにしましょう。疑問や不安なことができた場合などでも、きちんと対応してもらうことができます。
OCを飲むと太るの?
日本で行われた低用量のOCの臨床試験では、ほとんどの人がプラスマイナス2キログラムの範囲でした。これは服用していない人の体重変動を大きな 差はないといえるでしょう、OCを飲むと太る、というのは過去に使用されていたホルモン量が多い薬で言われていたことで、現在使用されている低用量のOCではほとんどの場合そのようなことはありません。

緊急避妊法(緊急避妊薬 など)

「避妊をしなかった!」、「コンドームが破けた!」、「コンドームが外れた!」など、避妊に失敗したときに、望まない妊娠を避けるために役立つのが「緊急避妊法」です。

これには緊急避妊薬を服用する方法と、子宮内避妊具(IUD・IUS)を使う方法があります。

緊急避妊薬を使う方法としては、そのセックスの後72時間以内に緊急避妊薬『ノルレボ錠』を一度に2錠服用します。効果はほぼ80%です。

出産経験がある女性であれば、IUD(子宮内避妊器具)やIUS(ホルモン付加子宮内避妊器具)もお勧めです。避妊に失敗した後、5日以内に挿入します。 IUDやIUSの場合は、その後もずっと入れておくことで、長期間の避妊(5年間)もできます。

  • 緊急避妊法を希望する場合には、性行為後すぐに受診しましょう!
  • 自費診療です。保険はききません。
  • 中絶薬ではありませんので、すでに妊娠している方には使用できません。
  • 薬局などでは販売されていないため、婦人科での処方が必要となります。
  ノルレボ錠 IUD IUS
使用法 2錠を1回内服 子宮内に挿入 子宮内に挿入
金額(消費税8%込み) 15,120円 43,200円 54,000円

緊急避妊についてのQ&A

どうして、避妊ができるのですか?

排卵を抑制する、排卵を遅らせる、受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止するなどが考えられます。

緊急避妊薬は中絶薬ではないので、受精卵が着床してからの服用では効果はありません。

ノルレボ錠とは何ですか?
日本初の緊急避妊薬です。WHO(世界保健機構)のエンシャルドラッグ(必須薬)に指定され、国際的にも標準的な緊急避妊方法として位置づけられています。
緊急避妊薬は、いつ服用するのですか?
セックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用を開始すれば1回の服用で十分な避妊効果が期待できます。 (外国のデータでは120時間以内(5日以内)に服用すればよいとされています)
緊急避妊薬を服用することの効果は?
緊急避妊薬は妊娠を防止しますが、100%ではありません。一般的には妊娠する可能性が20%に減少できると言われています。
緊急避妊薬の副作用とは?
一時的に気持ち悪くなったり、吐いたりすることがありますが、これらの副作用は24時間以上継続することはありません。
緊急避妊薬の服用後の注意は?
服用したことで排卵が遅れ、その後のセックスで妊娠することがあります。緊急避妊薬が効いたかどうかは、服用後すぐにはわかりません。数日ないし数週間後に月経があって初めてわかります。もし、予定月経が一週間以上遅れたり、心配なことがあればご相談下さい。
緊急避妊薬を服用したのに、妊娠してしまったら?
知られている限りでは、異常妊娠であったり、赤ちゃんに異常があったりということはありません。
緊急避妊薬と性感染症

緊急避妊ピルは、エイズを含む性感染症を予防するものではありません。

これらに感染していないかどうかお悩みでしたらご相談下さい。

*今後は望まない妊娠をしない為にぜひ「OC(低用量経口避妊薬)」の服用をお考えください。

妊娠中絶とは?

妊娠はしたけれども、いろいろな事情によりどうしても中絶しなければならない状況があります。

母体保護法により人工妊娠中絶を選択することができます。

手術は母体にかかる負担を軽減するためにも妊娠後早期に行います。

  • 「母体保護法」という法律で規定されています。胎児が母体外で生存できない時期に、人工的に妊娠を中断させて胎児を母体外に出すことを人工妊娠中絶といいます。
  • 胎児の発育がみられなかったり、母体内で死亡してしまって体外に出す場合は、流産または流産処置とよばれ、人工妊娠中絶とは違います。
  • 人工妊娠中絶は母体保護法にのっとって行われます。手術を受ける場合は、子宮内に妊娠していることが確認できれば時期が早ければ早いほど母体に与える負担が軽くて済みます。
  • 人工妊娠中絶が法律的に可能なのは、妊娠22週未満(妊娠21週6日まで)です。妊娠22週になると以後はいかなる理由があっても人工妊娠中絶は行えません。

中絶手術のポイント

  • 当院では、11週6日までの妊娠初期の中絶手術を行っています。
  • 週数の数え方は、最後の生理の第1日目を0日として6日までを妊娠0週、7日から13日までを妊娠1週として数えていきます。生理不順や生理だと思っていたら実は不正出血だったりすることも多いので、超音波で最終的に診断します。
  • 妊娠週数は、ご来院の際に超音波検査などで妊娠を確認し何週目かを調べます。
  • 中絶手術時間は約10分~15分で静脈麻酔で行われるため痛みはありません。
    (完全無痛麻酔)
  • 人工妊娠中絶手術を受ける場合は手術同意書の提出が義務づけられています。
  • 既婚・未婚に関わらず本人と配偶者(パートナー)の署名捺印が必要です。
  • 手術時間も短く済み母体への負担が少ない、吸引器による吸引法と従来法のコンビネーションで行ないます。

麻酔科標榜医

麻酔科標榜医は厚生労働省が認める唯一の診療科標榜資格です。

この資格を持つ医師がいなければ「麻酔科」を標榜することはできません。

簡単に言うと、標榜資格を持っていないと「麻酔科」と看板に出すことができないということです。

ひとりで悩まないでお電話ください
022(222)5251

受付時間
  • 9時~13時
  • 15時~18時
休診日
  • 水曜
  • 土曜(午後)
  • 日曜
  • 祝日

診察(中絶手術)の流れ

診察当日

診療時間内にご来院ください。受付後、問診表の記入を行っていただきます。

  1. 正確な妊娠週数を確認する必要がありますので、診察、尿検査、超音波検査などを行います。
  2. 確認した妊娠週数などを基に、ご相談の上、手術日を決定します。
  3. 検査の為、採血を行います。
  4. 手術についてのご説明や費用の確認を行います。

    ご不明な点やご不安な点ついてはお気軽にご相談ください。

  5. 受付でお会計いただき、終了です。

手術前日(受診していただくこともあります)

  1. 医師と手術の確認を行います。その際に手術同意書を必ずお持ちください。
  2. 超音波で子宮内を診察し、手術による子宮への負担を減らすためにラミセルを挿入します。
  3. 受付でお会計いただき、前日の診察は終了です。

手術当日

  1. 受付で手続きを行っていただきます。手術費用は受付時にお支払いただきます。
  2. 麻酔後、手術を行います。手術は10~15分で終わります。

    当院では完全無痛麻酔を使用しており、手術中の痛みはありませんのでご安心ください

  3. 手術の経過観察のため、術後はしばらく院内のお部屋でお休みいただきます。

    その間は看護師が随時、血圧測定などで状態をチェックさせていただきます。

  4. 麻酔が覚めたら少しずつ水分を取っていただき、状態を確認します。

    その後、手術後に服用していただくお薬や注意事項について詳しくご説明をいたします。

    また、後日受けていただく術後の検査日を決定します。

  5. 経過に問題がなければ、その後帰宅していただけます。

    帰宅後は安静にして、十分な休息をとってください。

後日の経過検査

術後の経過について診察しますので、指定された日に受診をしていただきます。

手術当日の注意事項・お願い

  • 付き添いはご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
  • 紛失・盗難等防止のため、貴重品はできるだけお持ちにならないようにお願いいたします。


今後のために

今後も望まない妊娠を避けるために、望まない子を産まないためにも、避妊には十分気をつけましょう。最も確実な避妊法であるOC(低用量経口避妊薬 いわゆるピル)やIUDをお勧めします。

また避妊に失敗したときなどのためにも、「緊急避妊法・性交後避妊薬(モーニングアフターピル)」についても事前に知っておきましょう。

中絶 Q&A

同意書は必要ですか?
中絶には、相手がわからない場合や、死亡や病気、行方不明などで意志を確認できない場合を除いて、本人と配偶者あるいは相手男性の両方が署名・捺印した同意書が必要です。
未成年でも手術は受けられますか?
未成年の場合でも本人と相手の同意と、原則として保護者の同意がいります。同意書の基本的な内容は右のようなものです。 同意書をダウンロード(PDF:222KB)
手術後に気を付けることはありますか?

手術後の1週間はできる限り無理をしないよいようにし、常に清潔に保つようにしましょう。無理をすると回復が遅れたり、子宮内膜炎や卵管炎などを起こす可能性もあります。

また、処方された薬をきちんと飲んで、ゆっくり身体を休めましょう。

手術後の通院は必要ですか?
術後、順調に回復しているかどうかの診察がありますので、指定された日に必ず受診してください。出血が多かったり、発熱、下腹部痛などの症状が強い場合は、検診の日まで待たずに、診察を受けてください。医師の許可が出るまでは、セックスやスポーツは禁止です(通常は10日から2週間)。
手術後、月経はいつから始まりますか?
手術後の月経は1ヶ月~1ヶ月半ほどで来ます。月経が来る前に排卵がありますから避妊を怠ると、次の生理を待たずに再び妊娠してしまうということもありますので、くれぐれも気をつけるようにしましょう。